このページのお題は夜長文庫へ参加させて頂いたものの一部です。使用の際は夜長文庫へのリンクを必須とさせていただきます。
リンクの先には各お題についての解説だかメモだかですので、興味があればどうぞ。
特に解説することがなければリンクにはしてません。
セットお題
 
ラプチャーの明かりが見えるか
 
くじらが歌った蜃気楼
 
ふたりのアルコア
 
いざよう指先のこたえ
 
終末論 in ベッドルーム
 
正しくなくとも君が正解
 
「何人殺せば英雄になれるの?」
 
結末はてっぺんで見下ろしたい
 
甘いのは愛がみせる夢
 
死に損ないのラスアルグル
 
鳴り止まないカーテンコール
 
猫の皮は剥がしてはいけない
 
おしまいの断片
 
インヘルノまでが遠いゆめ
 
まろびるように想いはじめ
 
きみが紐解いておくれ
 
たとえば世界に嘘をまぜたら
 
祈りはかくしておきなさいね
 
ふぞろいな謎
 
微睡むような気配
 
泥にまみれよ他愛ごと
 
ふたり渡り歩いた夜のこと
 
だれかの都合ではじまる歯車
 
夜空を彩るポラリスがたより
 
コヨーテきいてみろ
 
ロマンチック・エラー
 
花霞におよぐ
 
与えられる罰にして至福
 
終わりは小夜のとき
 
咎人に降るゆめ
 
吾輩は兎である
 
パラダイム・ロスト
 
だから愛はつむげない
 
よくも悪くも愛まみれ
 
嘘が舌先をおよいでいるよ
 
やがて君に奪われる約束
 
祈りの通ずる星があるとして
 
天使たちの密会
 
散りばめた星をふちどる指先
 
迷い子たちの舞台劇
 
こざかしいまほろばよ
 
うつろな心をみせびらかして
 
玉兎が連れ往く月面航路
 
ましらの教えを三つ唱えよ
 
三千世界に金烏は朽ちゆく
 
リベラル革命
 
凍つる水天・雪解けをまて
 
うたがいまよいのかなしみを
 
ティースプーンの先に渦巻く
 
共鳴のあお
 
いつか、なんかいらなかった
 
星々の夜明けまで
 
本物と偽物に選り分けようね
 
砂上をさまよう子らよ
 
僕らの破片・星の屑
 

- XRIE -